重要なお知らせ

ご挨拶

後援会会長
秋葉 尚正

会員の皆様におかれましては、平素より後援会活動にご理解とご支援を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
本年度は、「コロナ禍」により入学式の中止やキャンパスの閉鎖、留学の延期や中止、そして遠隔授業(オンライン授業)等々、想定外の非常事態となりました。 また会員の皆様におかれましても、お仕事や生活上で大変なご苦労や困難があろうかと拝察申し上げます。
当たり前のことが当たり前でなくなり、これまで行ってきた日常の生活や仕事、子供たちのキャンパスライフ、人と人との密なる交流が、実は何物にも代えられない、大変有難い事であったとことと思えてまいります。 過日、オクレンジャーにて配信されました後援会総会の各議案につきましては、皆様からご承認いただきましたが、今後の感染状況によっては、後援会の事業計画や予算の執行にも大きな変更が生じるか もしれません。まず優先すべきは、「一人でも多くの学生が今後も大学生活を続けられること」が大切ではないかと感じております。
麗澤の語源(『易経』)には、「連なった二つの沢が互いに潤し合うように、友人が互いに助け合いながら学ぶこと」とあります。まさにこの大変な事態を徳永学長のご指導の下、日頃からお世話になっ ている大学の皆様、会員の皆様、学生同志が相互扶助の精神を尊重し、それを考える機会と捉えて、困窮された方々が学び続けるために、一体何ができるのかを最優先に考え、会員の皆様からもご意見を頂戴しながら、より意義ある支援ができますよう役員一同努めて参りたいと思います。
皆様におかれましては、まだまだ大変な日々が続くことと思いますが、これまで我々の先人方が国難ともいえる危機を幾度も乗り越えて、今日の日本の繁栄を築かれました。その歴史的事実に思いを馳せ、そして勇気をいただき、後から振り返ってみて、あの大変な苦労があったからこそ、色々と学び、気づくことができ、もがき苦しみながらも頑張って精進することができた、「禍を転じて福と為す」と言える日が到来することを切に祈念致します。
くれぐれもお身体ご自愛いただきまして、いつの日か子供たちが集うキャンパスにて、皆様にお会い出来ますことを心より念じております。

■後援会会則・学生活動援助積立金取扱要領・学生表彰内規
■事業計画 ■収支報告 ■収支予算 ■役員・顧問・参与
 

麗澤大学後援会は、麗澤大学の教育方針に則り、学生の教育、厚生等に必要な事業に対する援助及び会員相互の親睦を図ることを目的として昭和34年に設立されました。
後援会では、会員の皆様のご支援のもと、
学生の実りある大学生活を支援する様々な活動を行なっております。

READ MORE
《詳細はこちら》

■大学の概要 ■授業・成績 ■学費 ■留学
■免許・資格 ■学年担任・ゼミ担当者 
■大学院 ■情報
■学生生活 ■課外活動 ■キャリア支援 
■キャンパスマップ

「大学案内」では、学生生活をおくるうえで必要な大学の概要をまとめて掲載しております。
学生の成績・出席率等、保護者・保証人として必要な情報の閲覧方法等も掲載しております。
 

READ MORE
《詳細はこちら》

Information